FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

FC2USER467003APO

Author:FC2USER467003APO
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター

所有株式数・ETF(国内)

・株式 合計14社 2,100株
みずほFG 500株
日本軽金属HD 100株
日本駐車場開発 100株
丸紅 100株
朝日ネット 200株
JXTGHD 300株
双日 100株
システムソフト 100株
GMOクリックHD 100株
ゆうちょ銀行 100株
共立印刷 100株
日本郵政 100株
菊水化学 100株
スカパーJSAT 100株

・REIT 合計1法人 1口
サムティレジデンシャル投資法人 1口

配当収入合計(株式のみ)

2013年    250円
2014年   2,970円
2015年   12,898円
2016年   33,632円
2017年   19,208円
通算配当総額(2013年〜現在) 68,958円

ソーシャルレンティング

分配金 合計25,531円(税引前)
クラウドバンク
2015年  6,144円
2016年 12,971円
2017年 5,816円

IPOの当選実績・収益

【通算成績(2013年から)】 
当選数18銘柄 31枚
損益 +998,300円

【2015年(合計+655,200円)】
・ケネディクス商業リート投資法人(日興)(+30500円)
・ホクリヨウ ×3(野村NC)
(+4100円)×3
・ヘリオス(野村NC)(+27,000円)
・サムティ・レジデンシャル投資法人(大和)(−3000円)
・イトクロ(日興)(+8000円)
・ゆうちょ銀行(野村NC 日興 大和 みずほ カブドットコム)(+23,000)×5
・かんぽ生命保険(野村NC)(+72,900円)
・GMOメディア(GMOクリック)(+277,000円)
・日本郵政(野村NC 日興 大和 みずほ カブドットコム)(+23,100円)×5
【2016年(合計+151,400円)】
・三井ロジステックスパーク(大和)(+1,400円)
・九州旅客鉄道(JR九州)×3 (野村NC 三菱UFJMS カブドットコム)(+50,000円)×3
【2017年(合計+5,000円)】
・ビーグリー(SMBC日興証券)(+100)
・ソレイジア・ファーマ(三菱UFJMS)(+4,900)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
787位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
330位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

中央競馬 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

広告

Ads by 忍者AdMax

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     スポンサードリンク


【海外遠征2016】エイシンヒカリが圧勝@イスパーン賞

今日は武豊騎手騎乗のエイシンヒカリがイスパーン賞に参戦しました。

----------
日本が誇る“特急ヒカリ”が欧州遠征初戦で再びその速さ、そして強さを見せつけた。9頭立てで行われた一戦。エイシンヒカリ(牡5歳、栗東・坂口)が2番手から直線で一気に抜け出す完勝で、逃げ切りを決めた昨年末の香港Cに続く、海外G1連勝を決めた。

 好スタートを切ったものの、外から地元フランス馬ヴァダモスがハナを奪い2番手に控える形に。だが、直線半ばで馬なりのまま先頭に立つと後続をグングン突き放して、最後は2着以下に10馬身差をつけて先頭でゴール。先週から降り続いた雨の影響でぬかるんだ馬場をものともしない圧勝で、本場欧州のファンの度肝を抜いた。

 人馬は昨年末の香港Cに続く、海外G1連勝。日本馬の仏G1制覇は99年アベイユドロンシャン賞のアグネスワールド以来、17年ぶりで、海外G1制覇は31勝目。武豊は海外G1・9勝目となった。

 この後はプリンスオブウェールズS・英G1(6月15日・アスコット)に転戦を予定。99年にサンクルー大賞・仏G1、凱旋門賞・仏G12着と奮闘したエルコンドルパサーが同じく欧州遠征初戦に選び2着に敗れた一戦(当時はロンシャン競馬場開催)を制し、目標の次戦に大きく弾みをつけた。

 今年のガネー賞・仏G1を制したダリヤン、2着だったシルバーウェーヴが2、3着に続いた。

 武豊「掛かり気味に行った馬を行かせて2番手からに。いつもはあのポジションだと掛かるのに、きょうは我慢できていた。直線は促した程度で反応が良かったのでイケると思ったが、相手も強いので気は抜けなかった。それでも後続の足音は聞こえなかった。収穫の多いレース。日本の馬の強さを見せつけることができました」
(デイリースポーツ)
----------

比較的小粒なメンバー構成でしたがまさかの10馬身差圧勝でした。
直線は追うことなく突き放すだけでしたので見ていて余裕な感じでした。

オルフェーブルやキズナがG2を勝っていますがG1勝利は久しぶりの勝利となりました。

日本調教馬に日本人騎手である武騎手で勝てたことが1番嬉しいです。
武豊騎手ファンとしては最高の火曜日となりました。

ダービーのエアスピネルも応援したいと思います。
     スポンサードリンク


検索フォーム

スポンサードリンク

カテゴリ

最新記事

シンプルアーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。