FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

FC2USER467003APO

Author:FC2USER467003APO
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター

所有株式数・ETF(国内)

・株式 合計14社 2,100株
みずほFG 500株
日本軽金属HD 100株
日本駐車場開発 100株
丸紅 100株
朝日ネット 200株
JXTGHD 300株
双日 100株
システムソフト 100株
GMOクリックHD 100株
ゆうちょ銀行 100株
共立印刷 100株
日本郵政 100株
菊水化学 100株
スカパーJSAT 100株

・REIT 合計1法人 1口
サムティレジデンシャル投資法人 1口

配当収入合計(株式のみ)

2013年    250円
2014年   2,970円
2015年   12,898円
2016年   33,632円
2017年   19,208円
通算配当総額(2013年〜現在) 68,958円

ソーシャルレンティング

分配金 合計25,531円(税引前)
クラウドバンク
2015年  6,144円
2016年 12,971円
2017年 5,816円

IPOの当選実績・収益

【通算成績(2013年から)】 
当選数18銘柄 31枚
損益 +998,300円

【2015年(合計+655,200円)】
・ケネディクス商業リート投資法人(日興)(+30500円)
・ホクリヨウ ×3(野村NC)
(+4100円)×3
・ヘリオス(野村NC)(+27,000円)
・サムティ・レジデンシャル投資法人(大和)(−3000円)
・イトクロ(日興)(+8000円)
・ゆうちょ銀行(野村NC 日興 大和 みずほ カブドットコム)(+23,000)×5
・かんぽ生命保険(野村NC)(+72,900円)
・GMOメディア(GMOクリック)(+277,000円)
・日本郵政(野村NC 日興 大和 みずほ カブドットコム)(+23,100円)×5
【2016年(合計+151,400円)】
・三井ロジステックスパーク(大和)(+1,400円)
・九州旅客鉄道(JR九州)×3 (野村NC 三菱UFJMS カブドットコム)(+50,000円)×3
【2017年(合計+5,000円)】
・ビーグリー(SMBC日興証券)(+100)
・ソレイジア・ファーマ(三菱UFJMS)(+4,900)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
488位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
213位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

中央競馬 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

広告

Ads by 忍者AdMax

【一口馬主】ゼルビーノの新馬戦の結果

今日は、キャロットクラブで一口馬主を始めて最初に出資した2頭のうちの1頭であるゼルビーノの新馬戦でした。

ゼルビーノ
(レース条件)阪神6レース ダート1,800m
(騎手) ミルコ・デムーロ
(人気)1番人気
(結果)4着

スタートのあといき脚がつかなかったので流れに乗れず最後方になりました。
最後はよく伸びてきましたが、さすがに4着が限界でした。

新馬戦ということを考えると悲観する内容ではないので次に期待ですね。

それにしても愛馬が走ると新馬戦でもG1並みの緊張感です。

(キャロットクラブ公式コメント)

1日の阪神競馬ではゲートがあまり速くなく道中は後方から。直線で脚を伸ばすもなかなか前との差を詰めることができず4着。「最後までしっかりと伸びていますし、よく頑張ってくれているんですけどね。ゲートがあまり良くなかったですし、3~4コーナーで他の馬を怖がってしまったことで少し外へと逃げてしまいました。外枠ならばもっと競馬がしやすかったと思います。申し訳ありません」(M.デムーロ騎手)「稽古の内容どおりなら十分勝ち負けになると思っていたのですが、今日はスタートからあまり進んでいかず、最後もちょっと外を回るロスがありました。ただ、それでも直線はしっかりと伸びてくれていますし、もう少し流れに乗れていれば違っていたでしょう。人気にも推されていたのに申し訳ありませんが、力のあるところは見せてくれましたから、一度使った上積みに期待したいですね。続戦するかどうかはまず馬体をよく確認してから検討していきます」(西園師)1週前、そして当該週といい内容の追い切りができていたのですが、今日はスタートから流れに乗り切れずに終わってしまった印象です。ただ、競馬を一度経験したことは大きいでしょうし、次走ではさらに前進といきたいものです。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討していきます。

※転載についてはキャロットクラブからあらかじめ許可を受けています。
     スポンサードリンク


検索フォーム

スポンサードリンク

カテゴリ

最新記事

シンプルアーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム